イントロダクションストーリーストーリー

本歌取りだ、と思った。
元の歌の一部を受け継ぎながら、さらに展開を加える和歌の技法である。
『とりつくしま』という原作の卓抜なアイデアを活用しつつ、映像には新しいリアルと味わいが息づいていた。
死を扱いながらも、温かくユーモアのある世界。
とりつく側の視点をこんなふうに描くのかという驚きとともに、残された側にも踏みこんでいるところが魅力だった。
見送ったばかりの父を思うとき、笑顔になれたことにも感謝している。
たぶん私ではなく、母の何かにとりついていることだろう。

俵万智(歌人)

 

世界はこんなにも切なくて温かい。私たちが住んでいるのはこういう世界なのだから、明日も生きられる。死んでも生きられる、と思いました。そして、親が原作、子が監督という、夢のような映画があるもんなんだなあ、と驚きました。この映画が生まれて良かった。ここは素敵な世界です。

山崎ナオコーラ(作家)